コロナウイルスと住宅ローン

こんにちは、企画設計の石野です。

コロナウイルスの影響で各国がその対策に追われています。

その影響が住宅ローンにも影響してくる可能性がありそうです。

世の中の金利は、景気動向や株価動向とリンクして動く傾向があります。

景気が良ければ、株価も上昇し、金利も上昇します。景気が悪ければ、株価も下落し、金利も下落します。

最近の動きである新型コロナウイルスによる感染拡大を受けて、世界の株式市場が調整局面を迎えてきている現状を考えると、

株式市場から債券市場への資金シフトが進み、より金利低下圧力が高まっていくと思われます。

つまり、株価の下落とともに金利も低下していく可能性が高いと考えられます。

新築で建てるにあたっては、今まで積極的に土地を仕入れていた不動産業者も、

停滞していくらか土地も増えてくる可能性があります。

そういった点では、建て時と言えるかもしれません。

現在返済中の人は、借り換えのタイミングになるかもしれません。

今回のコロナに関わらず見直すことは大切な事なので、定期的な見直しをお勧めします。