ハザードマップとは?

こんにちわ。金子工務店山本です。

今回は土砂災害ハザードマップのお話をさせて頂きます。

私は、日々の業務の一つとして

お施主様の建築用地の情報提供するにあたり、

お施主様ごとに予算・エリア・周辺環境なニーズにあった物件を

ポジティブ・ネガティブ両方をお伝えできるよう調査したりしています。

そのニーズの中で最近気にされる方が多いのがハザードマップです。

また一方で矛盾するように感じますが、あまり民家が密集していない自然の多い場所という

ニーズがずいぶん増えたように思います。

密集していないということは市街地ではないわけですから、比較的川や山が近くなったりするわけです。

 

またハザードマップといっても津波、洪水、土砂災害など種類がありますが

 

静岡県東部は海・山・川と美しい自然が豊かなところでございます。

すなわち自然災害のリスクは当然高いところなわけなのです。

 

今回、このハザードマップを作成される意味をお伝えしたく、

沼津市ホームページの一部を抜粋しますと・・・

ハザードマップは、大雨等により土砂災害発生の危険が高まった場合、

あるいは災害が発生した場合に、市民の皆さんの自主的な避難や危険回避行動を支援し

被害を最小限とするために作成したものです。」


「ハザードマップには、土砂災害の発生のおそれのある箇所や地区を

地図上で明らかにするとともに、土砂災害の知識や避難場所などの情報を記載しています。」


「日頃から、危険箇所や避難経路を確認するなどして

「早めの避難」を心がけ、このハザードマップを

活用していただくようお願いします。」

 

ハザードマップのエリア内を一概に除外するのではなく

きちんと意味を理解し、普段からの避難準備などして

「うまく自然と付き合っていく」という考え方も「有り」かと思っております。

長文となり申し訳ございません。

最後までお読み頂きありがとうございました。