7月1日氷室の日

昨日6月30日は、夏越しの祓でしたね。

今年も、沼津の浅間神社で茅の輪くぐりをして、半年間の穢れを落とし

この後半年の健康と厄除けを祈願しようと思っていました。

特に今年初めから続くコロナの退散祈願をもと思いましたが、

残念ながら大雨と強風で断念しました(>_<)

それならば、食べ物で厄落としと思い、調べてみると

京都では「水無月」とよばれ、ういろうの上に邪気を祓うあずきがのった三角形の

伝統的なお菓子があるようです。

和菓子で、急に思い出したのですが、実家のほうでは、この時期に「氷室饅頭」を

食べていました(^o^)/

ちゃんと調べてみると、今日7月1日に、加賀藩前田家が

氷室の氷を幕府に献上していたそうです。

冬場に積もった雪を「氷室」と呼ばれる保冷庫に保存し、夏場に氷として

取り出していました。

江戸までの道中の無事を祈って神社に供えられたのが氷室饅頭の起源のようです。

 

これからの夏の暑さを乗り切れるよう、皆さんの健康を願いつつ、

結局いつもの?!甘いもので癒されたスタッフ金子でした

(*‘∀‘)