金子工務店では、「心地よく住まう」住宅を建築するために、パッシブデザインを大事にしています。パッシブデザインとは、機械的な手法によらずに、自然のチカラを生かした設計で、建物の温熱環境を整えようとする手法です。パッシブデザインを取り入れるために、5つの要素を考えた設計を大切にしています。

1 光・風・熱の移動を考えた設計

設計をする際には、土地環境を考慮し、光・風・熱の出入りを考えた間取りと外観を設計していきます。例えば、狭小地や変形地、密集地でもあっても、できる限り光を取り入れる工夫をしています。風であれば、風の入りと抜けを考えた窓配置や向き、通風を考えた間取り設計など、心地良い暮らしが送れるように配慮しています。また、冬には日が入り、夏には熱の侵入を防ぐように、当たり前の設計に工夫を重ねています。

2 断熱気密への配慮

住宅における「窓」の存在は大きなものです。光、風、熱は、窓によってコントロールされる部分がすくなくありません。金子工務店では、断熱性能の高いペアガラスを標準仕様としており、基本性能の高い家づくりを行っております。また、断熱材の熱抵抗性能にもこだわり、高い断熱性能と気密性能により、住まう方が一年中「心地良い暮らし」を送れるように配慮しております。

3 自然素材

無垢のフローリングや、塗り壁など、お施主様のご要望をお聞きしながら自然素材を取り入れた設計を行っております。呼吸することで空間を心地よく保ち、自然素材が湿度や温度を調整してくれます。夏涼しく、冬暖かい暮らしを実現するために、メリハリをつけた自然素材のご提案をさせていただきます。

4 外構(木やお庭)の活用

金子工務店では、外構による植栽(木)を設計のご提案時に取り入れています。それは、植栽には日射遮蔽や採涼という効果もあり、何より見た目にもカッコよくて涼しげなお家になるからです。日射遮蔽とは、日射を遮ることで室内の温度上昇を防ぐことにつながります。また、日陰をつくることで涼しい外気を取り込むことで夏の日中であっても室内の温度を下げることができます。